前立腺癌治療後の勃起不全はサプリや治療薬で解消

中高年男性がかかる男性特有の疾病の中でも特に多いのが前立腺癌です。
この前立腺癌という病気は早期発見して前立腺を摘出することで、完治することもおおく早期発見が何よりも大事になってきます。
気になるのは手術後に勃起不全になってしまうリスクがあるということです。
前立腺の付近は勃起に欠かせない神経や括約筋などが集中しているため、手術をする際にはそれらの神経を避けながらの作業になります。
その後前立腺癌が良くなっても勃起不全となってしまうケースはゼロではありません。
そこで注目されているのが手術後にサプリメントやED治療薬を使って勃起不全を解消する治療法です。
漢方薬のサプリの中には効果的に体全体の血流をアップさせて勃起を回復させるサポートをしてくれるものがあります。
オットセイエキスや、マカ、クラチャダイム、アルギニン、シトルリンなどさまざまなサプリメントの中から効果的なものを選んで勃起不全解消のサポートに役立てることができます。
また、さらに効果が高いのがED治療薬です。
バイアグラやシアリス、レビトラなどの治療薬は陰茎への血流を大幅にアップして性交渉に必要な勃起を得ることができます。
治療後は抗がん剤などを服用しているケースがありますので、こうした勃起不全治療薬を使う場合には医師の診断を受けて、薬との飲み合わせに問題がないかということをチェックしてから服用しましょう。
またバイアグラなどの治療薬はほかの薬の効果を促進する働きがあるので、抗がん剤の効果を高めることが出来るのではということで研究も進められています。
勃起不全を解消しながら、抗がん剤の効果も高めることが出来るED治療薬は現在も進められており、男性患者の希望となっています。