レーザー脱毛は肌に当たっても大丈夫なのか

レーザー脱毛を行う時にはレーザーを体毛に照射しますが、そのレーザーは体毛だけにピンポイントで照射されるという訳では無くてその周囲にある肌にも必然的に照射されています。

そうすると、脱毛する事が出来るレーザーが肌に当たる事によって体毛だけでは無く肌にも何か影響を及ぼす心配があります。しかし、その点については心配する必要が無いように考えられて開発されたのがレーザー脱毛なので、レーザーが肌に当たったからと言って健康には問題は無いので安心してもらって大丈夫です。

光というのは波長によって性質が異なっていて、身近なところでは紫外線が美容の大敵としてよく話題になりますが、レーザー脱毛で用いられているレーザーの波長は紫外線とは全く異なる波長の光を用いています。レーザー脱毛ではレーザーの光が体毛や肌に照射されると、その光のエネルギーを体毛の中に含まれているメラニンと呼ばれる色素が吸収して、その吸収したエネルギーによって熱を発生させる事で体毛が成長する原因となっている細胞を破壊する事で脱毛しているのです。

光は上手くコントロールをする事によって色々と用途がありますが、その利用の仕方の一つとして特定の部分にのみ影響を与えて周囲には影響を与えないようにする光熱融解理論という理論があります。その光熱融解理論を利用して開発されたのがレーザー脱毛であり、上手く光を制御する事で肌には影響せずに体毛のみに影響を与えるようにしているのです。
医療レーザー脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *