医療レーザー脱毛の特徴

医療機関で受けることができる脱毛施術が医療レーザー脱毛です。

メラニン色素に吸収される特性のレーザーを照射して毛根を加熱し、この熱を毛母細胞に伝えて破壊することで毛の再生能力を落とす脱毛方法です。メラニン色素は皮膚にも含まれていますが、医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは波長が長く、皮膚で吸収されにくいため影響は抑えられており、安全性の高い施術です。完全に影響を抑えることはできないため、多少の痛みはあります。施術後に腫れや赤み、ひりひりするような痛みが出ることもありますが、一時的なものです。

症状が酷い場合は薬を処方してもらえます。皮膚の色が黒いとレーザーの吸収率が高くなってしまうため、火傷の危険性が上がります。状態によっては施術を受けられなくなります。また、日焼けした直後で肌が赤くなり、炎症を起こしている状態でも施術を受けられなくなってしまうため、医療レーザー脱毛を利用するときは日焼けをしないように紫外線対策が必要です。

施術後も日焼け対策をしないと皮膚が弱くなっているため、シミなどの原因になるので注意します。医療レーザー脱毛は1回で再生が抑えられるものではなく、5、6回の施術が必要になります。ただし、短い間隔で施術を繰り返しても皮膚にダメージが蓄積するだけで意味はありません。生えている毛にしか効果がなく、1回施術を受けた後は毛が入れ替わってから再度施術を受けるのが安全で効果的です。2、3か月の間を空けて施術を受けるため、脱毛が終わるまでには1年程度はかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *