海老名にはスマホ修理を行う店がありますが、これにはメーカーから認められている正規店と、認められてない非正規店があります。

正規店は純正品の修理部品を使いますが、非正規店だと純正でない部品も使ってます。これはスマホでも有名なメーカーだと世界で利用されている製品もあって、部品が一緒で安く流通していて正規店以外でも安い部品を調達して安く海老名でもスマホ修理が出来るようになってます。非正規の海老名のスマホ修理の店だと、後発だと先発の修理店から技術を学んだり、海外のWEBサイトの修理工程の情報などを参考にしたりしています。非正規だとメーカーから修理マニュアルは入手が出来ないためです。近年は新しい修理店が増えてますが、実績が豊富で運営が長い所を選んだほうが安心で長年培って経験や知識などが豊富だと、それがサービスの品質にも直結します。

基本的に海老名のスマホ修理は正規でも非正規でも品質に差がないとされていますが、店によって質が違うので経験が長い所を選んだほうが良いです。非正規のメリットは正規店よりも待ち時間が短くて、状況にもよりますが即日対応も出来ます。あとデータも消えないことで、基本的に初期化することなく必要な部分だけ修理をします。これが正規店だと全体の不具合がないかチェックするためにも、一度初期化してから正規のライセンスを保持していることを確認するために行われる認証処理をしないと、利用者に渡せないのかもしれません。他にも非正規店だと料金が少し安く済みますが、これもかなり安価なわけでもないです。店の中には正規店よりも高額なこともあったり、基本的にあまり変わらないようです。また、正規店だと修理をしないと正確な金額がわかりませんが、非正規だと最初に代金を提示しているのでわかりやすいです。待ち時間は平日と休日だとばらつきがあり、利用したいときはその都度店舗へ電話すると大体の時間を教えてくれます。

基本的に予約の電話をすると待ち時間の目安も伝えてくれ、飛込依頼でも大体2時間くらいのようです。非正規を利用するときに注意したいのがメーカー保証の対象から外れることです。これも必ずではないですが、メーカーでも中を開くということは殆どしてなくて、非正規店に依頼をして実際に開けるとダメージが酷くて対応出来ないことがあっても、そのあとから正規店に持ち込んで交換出来ることもあったりします。ただ、非正規が開けてしまうと保証から外れる可能性はあることは知っておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *