iPhoneは端末価格が高額である分、基本性能が高く発売から数年間はアップデートが保証されているため、ほとんどの人が購入してから端末に致命的な不具合が生じるかOSのアップデートが打ち切られるまで大切に使い続けています。軽度な不具合であれば買い替えなどは行わず、我慢してそのまま使い続ける人も多いでしょうが、例えば画面割れなどの不具合を我慢してそのまま使い続けていると当然ながら操作にストレスを感じることも多いでしょうし、画面割れが広がってしまったり、さらなる不具合を引き起こしてiPhoneが完全に使えなくなってしまうことも考えられます。iPhoneに不具合や故障などが確認できた場合には速やかに修理を行うのが望ましいのですが、iPhone修理海老名を実践する場合にはどのような点に留意すればよいのでしょうか。まずAppleの公式サービスを利用する場合ですが、海老名にはAppleStoreが存在しないことを覚えておく必要があります。

最寄りのAppleStoreは川崎市にあるので、早急にiPhoneを修理してもらいたい場合には来店予約をした上で川崎市にある店舗に来店しましょう。新型コロナウィルスが心配である場合や、自分で予備の端末を用意できる場合などにはオンラインで申し込みを行うのも有効です。AppleCare+などの公式の端末補償サービスに加入している場合、バッテリー交換であれば無償で行ってもらえる可能性がありますし、大きな不具合なども通常よりも圧倒的に安く直してもらえるので、AppleCare+の加入の有無についても事前に確認しておくと良いでしょう。iPhone修理海老名をよりカジュアルに行いたい場合には、iPhone修理の専門業者を利用するのも良いでしょう。

iPhone修理海老名の専門業者は主に大型商業施設や海老名駅前などで営業を行っていて、基本的には予約無しで来店しても対応を行ってくれます。バッテリー交換等の軽微な不具合であれば数分程度で作業が完了しますし、料金も格安であるケースが多いので、手っ取り早くiPhone修理海老名を済ませたい場合には特におすすめです。AppleCare+に加入をしていて、端末補償サービスが有効な場合にはAppleの公式サービスが安価である可能性が高い一方で、未加入の場合には専門業者を利用したほうが安いケースが目立つので、利用前には確実にAppleCare+について確認をしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *