中小企業や個人事業主において、日々の資金繰りは非常に重要です。

特に買掛の支払いを売掛の回収から充てる場合、何らかの事情から回収が遅れてしまった時などは支払いが行えなくなり、場合によっては身銭を切らなければならないことがあります。当然会社の運営としては芳しいものではなく、なんとかして資金繰りの改善を行おうと考えている代表者や個人事業主は少なくありません。

そういった時に強い味方となってくれるのが、税理士や会計士と呼ばれる存在です。一般的には税に関するスペシャリストということで、申告のみを行ってくれると考えている人は多いですが、実際は会社の財務状態を把握し、適切なアドバイスなどを行うのも税理士や会計士の仕事です。また中小企業の代表者は高齢であることが多いため、事業承継を含めた会社運営についての計画立案やサポートなども行ってくれます。更に相続対策についてもしっかり行う税理士もおり、活用することで様々な節税対策を行うことが可能です。

現在多くの税理士が存在し、相談だけであれば無料で受け付けている税理士も多く、事前にどの程度の費用が必要になるのか見積りも行ってくれます。

またホームページ上で依頼料金について明記している税理士事務所や会計事務所も多いため、自身の予算や対策内容によって、依頼するかどうかの判断を行うことも可能です。現在資金繰りについて悩んでいる方は、一度税理士や会計士に相談し、財務内容の見直しを行うことが重要です。