資金繰りに困った企業が起こす行動は、銀行や公的機関などから「融資を募る」という事です。

自己資金による健全な運転が出来なくなってしまったとしても、新たな投資をしていかなければ業績は悪化してしまいます。その為、仮に資金繰りに困っている状況であっても「必要な投資」の為の資金は調達していく必要があります。しかし、実際に資金繰りに困っている状態で融資をお願いしたとしても、現状の経営状況を理由に融資を断られてしまったり、承認されてもすぐには融資してもらえないという事もあります。

最低限、融資の約束を取り付けることさえ出来ればまだ良いのですが、緊急時に使える対策として何かしら準備しておくというのも一つの方法です。その方法として手軽なものが「カードローン」です。銀行・消費者金融などが取り扱っているカードローンは、基本的に「即日融資・担保や保証人不要・使途自由」で利用出来る融資です。

一部、事業性資金には使用できないものもありますが、そういったものを除いても非常に広い選択肢が残ります。カードローンの特徴の一つとして、「実際に融資を受けるまでは一切のコストがかからない」と言う点が魅力になっています。契約していつでも使える状態にしているだけならばコストはかからない為、何の負担も必要なく「万が一の保険」を確保し続けることができます。経営が順調な状況であれば審査も通りやすくなるため、出来れば順調な段階で契約しておくと良いです。