販売はたくさんできるのに、支払はまったくなされない、もしくはスムーズでない。

こういうお得意様と取引している会社は、資金繰りが悪化する可能性があります。なぜなら、販売しているのに支払がなされなければ、会社の収入は増えないからです。一つ一つの取引が、いつかは支払ってもらえるものだとしても、期日までに支払がなされなければ、当面の支出入を調整する現金は増えていかないので、必然的に資金繰りが悪化してしまいます。

ですからこういう取引先を多く抱えている会社は、資金面で注意しなければなりません。ではこういう場合、対策として何ができるでしょうか。一つは、得意先を格付けするなどしてよく見極めることです。得意先にはやたらと受注はしてくれるけど、支払はさっぱりというところもあります。逆に、受注はそれほどでもないけど、支払はしっかりしている会社もあります。

あるいは、受注も多くて支払もきっちりしている会社もあるでしょう。こうした支払いと受注における取引先の成績をチェックして、それを格付けするのです。そうすれば、販売だけをむだに増やして貸し倒ればかりになる状況を回避することができます。つまり、売掛金の回収率とスピードが速くなるということです。

一方、資金繰り改善のためには、取引先ばかりではなく自社の努力も必要です。例えば、店舗や事務所は自前で持つのではなく、貸店舗や貸事務所を利用することです。こうすれば投資費用を安く抑えることができ、自由に使えるお金が増えます。