いざという時の資金繰りについて、いざという時の資金繰りについては、意外にも貯金などの他にも、生命保険などに入っている場合には、そこから資金繰りなどが出来るケースがあります。

これは例えば、郵便局などの保険、かんぽ生命の保険などや民営化前の保険などに対して、当てはまるものですが、郵便局の保険には貸付という制度があり、そこから、自分のお金で貸付を受けることが出来ます。

このような制度については、もともと、自分の保険であり、自分の保険であることから、貸付を行って、そのお金を返せない場合には、満期に受け取るお金が減ってしまいますが、借金などとは異なるため、万が一に、上記のようにお金を返せない場合でも、全く問題がない制度となっています。

そのため、いざという時の資金繰りについて、とても困っている場合には、自分が郵便局などの保険に加入している場合には、そこから郵便局に行き、受付の方に相談をすると、貸付の制度について教えてくれます。そのため、借金などが出来てしまい、まったくお金がなく、資金繰りについてとても困っている時には、上記のように保険の貸付制度を使って、お金をやりくりさせることも可能です。

また、満期までにお金を返却することが出来れば、当然ですが、満期の時にはしっかりとお金をもらうことが出来る他、万が一に解約さえしなければ、入院や手術などをした場合にも、きちんと保険金が支払われるため、安心できる制度です。