新しく何かの事業を始めたいと思っている人は、そのための初期費用のために資金調達のことに頭を悩ませていることでしょう。

資金の用意の為に長い月日をかけてお金を貯めている人もいれば、銀行からの借入れを考えている人等様々でしょう。この資金を自分で用意したり、出資者を探したり身内から借りる場合はあまり問題ではありませんが、銀行等の金融機関から借り言える場合、必ず返済をしなければなりません。

この際、事業がある程度順調にいって黒字が出ていても、借り入れの返済期日に必要なだけのお金を用意できなければ問題です。返済猶予をしてもらえる場合もありますが、銀行からの印象は悪くなり、次回以降の借り入れが難しくなるかもしれません。そのため、長期にわたって経営を行うためにも、資金繰りをしっかり管理して確実に返済する必要があります。

また、企業同士の取引の場合、必ずしも現金払いではなく、手形や掛取引が非常に多いです。この際、手形の決済期日に支払いができなければ、経営破綻の危機に陥ってしまいます。具体的には、6か月以内に2度の手形の不渡りを起こした場合には、銀行取引が停止されてしまい、事実上の倒産を迎えてしまいます。つまり、短期間に2度支払いができないと倒産してしまうことになるのです。そのため、常に、支払期日を管理しそれにあった資金繰りをする必要があります。

資金繰りの難しいところは、支払だけではなく代金の回収も手形や掛取引が中心になるため、取引日と実際に現金を受け取れる日に月単位のズレが生じてしまう点です。つまり、いつ支払いをしなければならないかだけではなく、いつ現金が入って来るのかも正確に把握することが重要です。