会社の経営を行う際にまず注意しなければならないのが資金繰りです。

企業の場合には売り上げ利益などをしっかりと管理する必要がありますが、その中でもお金の流れに付いてはきちんと把握することが大切です。お金の流れは自然と把握できると考えている経営者は多いものですが、実際にはこれが非常に難しいものなのです。その理由として、実際のお金の流れと帳簿上のお金の流れを分けて考える必要があるため、その管理が非常に複雑になるという事があります。

何故実際のお金の流れと帳簿上のお金の流れを分けて考える必要があるかというと、企業の取引には売掛と呼ばれる制度があるためです。売掛とは、帳簿上は物を販売し代金をもらったことになっているのに、実際には手元にお金が貰えていない状態を指します。その為、その間に多額の支払いが生じたりすると不渡りが生じ、企業が倒産するリスクが高くなります。

この場合帳簿上は黒字なのに倒産してしまうという事で黒字倒産と言われます。資金繰りを上手に行うためには売掛の状態においても必要な資金を確保できるような販売計画を立てることが大切です。特に期末は売掛が増えがちなのですが、その時期を乗り切るための方策を事前に計画し資金繰りを上手に行うことが大切です。

この資金繰りを上手に行うことのできる企業は、経営に於いては非常に安定しており、また社員を大切にする企業であるという傾向があり、非常に魅力的な企業であることが多いものです。