企業において健全な財務管理を維持してゆく為に、会計のエキスパートたる公認会計士の役割は必要不可欠なものとなっています。彼等はあくまで企業にとって公平な第三者的な立場で監査を行いますが、これは間接的に株式市場と投資に対する透明性を確保する為にも大変重要な事です。なぜなら特定企業に投資する上での重要な判断材料ともなる貸借や損益といった重要な書類やデータの最終的なチェックは彼等が責任を持って行い、公表されるからに他なりません。企業側が提出するこれらのデータの中に偽りが含まれていたとして、それを公認会計士が見抜けなかった場合、株式市場に与えるダメージは大変大きなものとなってしまうのです。

また公認会計士は企業専属の税理士としても働き、企業の税理や納税に関するデータ・書類作成や整理、そしてアドバイスを行う事があります。企業側に税理に関して知識不足や不備があった時に、これらのアドバイスや指導は極めて有効に働き、結果企業の公正性が保たれるという訳です。こうした仕事をメインに行うコンサルティング業者や監査法人に入会するには、専門学校等で基本的知識を十分身に着けた上で公認会計士試験に合格しこれらの国家資格を取得しなければなりません。関連法全般の習得や筆記試験後に行われる実務試験等、幾つもの難しいハードルを乗り越えていかねばなりませんが、この国に営利企業が存在する限り彼等の仕事が無くなる事はあり得ず、将来的にも極めて有意義な資格となっているのです。

家計簿のことならこちら