会計士というのは、国家資格になります。はっきりいって、相当に難しい資格であり、極めて高いレベルの人材として雇ってもらうことができます。当然ですが、やることは税務であり、それによって、高い報酬をもらえます。働くところですが、会計事務所であることもありますし、企業に税務担当として雇われる場合もあります。

とにかく自分にとってメリットがある企業にするべきです。そうすることによって、待遇がよくなりますし、また、キャリア的にもメリットがあります。大抵の人が最終的には自分で事務所を作ることを目標しています。もちろん、例外はいくらでもありますが、基本的には自立することが多いのは確かです。

求人自体に経験年数なんかが条件としてつけられていることがあります。会計士としての経験が五年、とかそうした条件で募集していたりすることもあります。それは絶対、というほどのことではないです。つまりは、4年の経験しかない、ということが理由で断られる可能性は低いです。

ですから、会計士の求人というのは、経験年数はそこまで厳格に気にする必要性はないです。まず、資格があれば、それだけで良い人材であるからです。もちろん、極めてレベルが高い能力を求められることがあります。そうした求人はとにかく報酬が高いことが多いですから、それはキャリアアップのためにやったほうがよいです。

少しでも待遇をよくするために頑張るべきであるといえます。資格があっても生かせないのであれば意味がないです。