格安スマホを使うときの注意点

格安スマホは利用料金を安くできるのでお得であり、参入する事業者も増えています。
通信回線も大手のものを借り受けているので安心感があり、特徴を把握しているのであれば便利なサービスです。

しかし、実際には安く利用できるというだけで契約してしまい、想定とはサービスの内容が違っているという相談や苦情が消費者センターに届いており、件数も毎年増加しています。



まず、格安スマホが安い理由は通話料金プランの違いによるところが大きいですが、これを理解していないと逆に高くなってしまうので注意しなければなりません。
大手の料金プランとしては1回の通話に対して一定時間は無料であるなどの仕組みになっており、格安スマホでは利用するたびに料金が発生します。そのため通話が少なければ安くなり、多いと料金が跳ね上がってしまうので、通話アプリを使うなどして対処が必要です。



サポートに関しては店舗がないので電話でしか応対しておらず、混雑していて繋がらなかったり、故障の際に代替機が提供されずに修理が終わるまで使えなくなってしまうなどのトラブルがあるため、どのようなサポート体制になっているのか確認しましょう。


消費者センターのWEBサイトには格安スマホの利用におけるトラブルに関するよくある問い合わせが掲載されています。



そのため、自分で事業者のサービス内容を調べただけで安心せずに、トラブルの事例も参照して見落としがないか確認してから契約すると良いです。