格安スマホとはどのようなものか - 格安スマホのメリットは「コストパフォーマンス」

格安スマホとはどのようなものか

格安スマホとは、大手の事業者が提供している一般的なスマホと比較して料金が大幅に安くなるものであり、3000円もかからないものが多いです。

実際には格安スマホと言うものが存在しているのではなく、格安SIMと端末の組み合わせになります。



料金が安くなるので通信の品質に問題が出るのではないかという心配がありますが、通信回線はNTTドコモのものを借りている事業者が多いので安心です。


ただし、使用するSIMカードによっては端末が対応していないので使えないこともあるので確認しなければなりません。


例えば前述のようなNTTドコモの回線を使用しているのであれば、そこで販売されているスマホであれば互換性がある可能性が高いです。

しかし、推測で使おうとして対応していないと損してしまうので、必ず対応状況を確認しましょう。
また、SIMフリーと呼ばれる端末も格安スマホとして利用しやすいです。


これはどのSIMカードでも利用できるため、対応状況を気にする必要がありません。

選べる端末が少なくなる心配もなく、1万円程度のものから高価で性能の高い端末まで様々なものがあります。



なお、大手事業者と比べるとサポートがあまり受けられないことには注意が必要です。



格安スマホの利用者でよくある問題であり、使い方が分からなかったり故障したときに店舗がないので相談できずに困ることがあります。
そのため、手厚いサポートを受けたい人には向いていません。