SEO対策の実施ポイントとはどのようなものでしょうか。検索上位ルールを調査するのは専門家に委ね、SEO対策にはSEOの原理原則に従うことを優先させましょう。ではいまから3つについて見て行きましょう。①コーディングについて、文章構造が論理的で明解なコーディングを行うことで、ページ内の情報を正確に検索エンジンに認識させることができます。

検索エンジンが読みやすいW3Cの勧告に沿ったコーディングで作られたサイトは、読みやすいサイトになるのでSEO対策のみならず、利用者に満足してもらえるサイトになります。②検索サイトの登録について、検索サイトに認識されないと何も始まりません。そこでGoogleとYahooに対して必ず登録を行います。他のサイトにもできる限り登録を推奨しますが、「一括登録ツール」などを使用するのは避けましょう。

スパム行為と見なされる可能性があります。Webサイトを新規に立ち上げる場合やキャンペーン用サイトの場合、早めに準備して登録を進める必要があります。③具体的なスパムについて、スパムとは検索結果の順位を不当な方法で高めようとする行為です。隠しテキストや隠しリンクの羅列、コンテンツと関係のないキーワードをtitle、metaタグなどに含むことなどを指します。

検索結果から除外される危険性があります。なお、検索エンジンにはそれぞれのスパムポリシーが規定されていますので参照して見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です