サイトの作り方はたくさんの種類があります。HTMLを手打ちでFTPでデータをサーバーにアップする方法、ブログサービスを使う方法、管理システムと呼ばれるCMSを使う方法等です。次第に自動で生成出来る仕組みに人気が集まっていますが、これは単に楽というだけでなく、自動でSEO対策が組み込まれているからです。ブログが出始めた当初は、ブログサービスが基本的なSEO対策を実施していた為、ブログというだけで普通のホームページよりSEO対策が強く行われていたのです。

これは検索エンジンが示している正しいウェブサイトの構築方法に沿ってブログが作られており、システムが共通ならそこで作られたブログは全てルールに準拠しているからです。詳しい部分で言うと、ブログでページを作るとメタタグやディスクリプションに自動的に重要なキーワードが入ります。これは自作でHTMLを書いていた場合は自分でコツコツ入力しなければならなかった部分なので、おろそかになりがちです。自作のホームページを作る人もたくさんいた事から、出来ていない人もたくさんいました。

そこでブログがそういった人達よりSEO対策を強くする事により、ブログがあっという間に検索結果上位に踊り出たのです。現在でも手書きホームページは可能ですが、あまりにも無駄が多いということでどんどん廃れており、ブログサービスやCMSを使って大枠を作った後に、手書きで少し修正するといった使い方が主流の様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です